FC2ブログ





基本ノンフィクション、時々妄想。KYOKOの偏愛S傾向な気まぐれてきとーブログ。性的表現、SM、主従、女性上位を不快に思う方はご遠慮ください★



プロフィール

KYOKO

Author:KYOKO
種別:男女関係=主従関係のS痴女
嗜好:乗る、締める、踏む、打つ、蹴る、塞ぐ、潰す、 噛む、刺す、剥す、刻む、壊す、 舐めさせる、嗅がせる、 飲ませるetc
好物:男の困り顔、涙目、土下座、悲鳴、傷跡、彼氏や奴隷の腕枕と膝枕
得意技:うっかり、方向音痴、遅刻
必殺技:意地悪、八当り、逆ギレ、処刑



最新記事



最新コメント



カテゴリ



FC2カウンター



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


顔面騎乗物語(4)
待ち合わせ当日、ホテルに行く前に某有名SMショップに案内された。
最初は「店員にコイツが奴隷だと思われるのはいいけど、私が愛人や奴隷だと思われたら嫌だな…」と乗り気ではなかったのだが、いざ入るとところ狭しと並ぶ初めて見る大人の玩具やSM道具を目の前にして社会科見学のような気持ちで店内を歩き回った。

店内をぐるぐるしていたら奥に鞭のコーナーを発見した。生まれて初めて鞭を手にとる。
それを見ていた彼は「もし気に入ったのならプレゼントさせていただきます」と言う。
コイツが鞭に興味があるとは聞いていないけれど、私に薦めるってことは興味があるのだろうか。(←疑心暗鬼)
堂々と人を殴れる(←当時はそう思ってた)ことに憧れはあったけれど、私は鞭自体には特別興味がなかった。
ところが、この日彼が待ち合わせ時間や場所をこちらの都合も確認せずに指定してきたことに腹を立てていた私は、ひらめいた。
彼の申し出に、少し考えて首を縦に振る。
店内にある鞭で一番革が固く厚そうなバラ鞭を選ぶと「コレが気に入った」と告げ彼に手渡した。


ホテルについてからソファで顔面騎乗の体位や経験談をしていると、会話が途切れたタイミングで、先ほどの鞭で少し試し打ちをなさいますか?と聞かれた。

試し打ち?私が打つという言い出す前に??

彼の「なさいますか?」は「してくれ」に聞こえた。
やはりコイツは私に打たせたくて鞭をプレゼントしたのか?

そんな考えが頭を過った瞬間…私の腹立ちはピークに達した。
私の行動をコントロールしようとしたこと、こちらの都合も聞かずに今日のシナリオを描き実践しようとしたことの全てが猛烈に腹立たしい。
目の前の下僕という皮を被った身勝手な男を思い知らせなければという気持ちだった。


本当は彼にそんなつもりはなかったのかもしれない。
今思えば、純粋に初心者の私が興味を持ったものを手にさせたい、S女の新芽を育て可能性を拡げてやりたいという親心にも似た気持ちだったようにも思える。
試し打ちを勧めたのだって、彼なりの気遣いだったのかもしれない。
しかしその時の私は彼の行動を罵りながら、ベッドに彼を勢いよくうつ伏せに押し倒し、逃げないように馬乗りになった。

彼は私の予想外の行動にオロオロしながら謝罪の言葉を述べたが、私は何度目かのお許しくださいを聞くまで背中から腿にかけて鞭で力任せに打った。
彼は抵抗はしなかったが、興奮もしておらず、本気でビビッていた。
私は気分が良かった。


鞭が止むと彼はこれまで見せたことのなかった真剣さで土下座をしながら詫びた。
私は土下座した彼の頭を履いていた靴のまま踏みつけ、私が彼の何に怒り勘に触ったかを諭す。

40近く歳上の男が私に鞭打たれ、足蹴にされ、謝罪し、許しを請うている。

私は初めて自分がこの男より本当の意味で優位に立ったことを実感した。
男を征服し支配するのを好む自分の癖に初めてリアルに向き合い、M男相手にサディスティックな昂りを感じた。
私の求めていたのもはこれかもしれないと思った。

その日の顔面騎乗は今までとは違って私に主導権があり、完全に私が呼吸のタイミングや加重をコントロールした。
下からはもう何も聞こえてこない。
それを確認したかった。
衣服の汚れは気にせず、ただ男が苦しがる様子を観察し、自分の鏡に映る姿に気をよくし、圧力と重さを駆使して男の苦痛を愉しんだ。

続く

テーマ:SM - ジャンル:アダルト


コメント
まるで記録ビデオを拝見するような臨場感で
読み進ませて戴きました。押し倒して跨って、
重圧をかけながら鞭で打ちのめす、ああ、そ
ういう目に遭わされたい!という渇望と、でも
女性をそこまで誘導することは自分には出来
ないという諦観、兎に角目上の女性のお供で
出かけるひとつのパターンとして、いろいろと
あるのですねぇ。
[2010/01/31 08:23] URL | 廃奴 #- [ 編集 ]

素晴らしい!!! 「想像通りの展開です」 なんてコメントしてしまうと、KYOKOさまのお怒りにまた火が付いてしまうのでしょうね(汗)
でも、書かずに入られない「想像以上の展開」でした。

『抵抗はしなかったが、興奮もしておらず、本気でビビッていた。』この一文、自分でも思い当たる事が多いです!
[2010/01/31 18:03] URL | ポニーボーイ #- [ 編集 ]

先日はガツガツした質問大変失礼致しました。思わず興奮して・・・・聞いてしまいました。
KYOKO様のブログを拝見して目を閉じてその光景を自分なりに想像してみました。
これからも訪問させて頂きます。
どうぞ宜しくお願い致します。
[2010/02/01 10:51] URL | 前山 #WitaUVvM [ 編集 ]

私にはそのM男性がビビったり、オロオロする姿が目に見えるようでございます。

私自身は激しい痛みに弱いのですが、自分自身をその身に置き換えて、その光景を想像しますと、激しい苦痛に悶々としながらも逃れることが出来ず、そんなM男性の惨めな姿を御覧になり愉しまれるKYOKO様の魅力に、強力に引き付けられるのでございます。
[2010/02/01 17:10] URL | ヒロユキ              #JalddpaA [ 編集 ]

廃奴
このベテランMは、私のペースに合わないと言うだけで悪意はないんだと思う。
鞭を手にさせる算段はあっても、本気で私が怒って鞭うつなんて考えても見なかっただろうなぁ。
各々の性格や嗜好は個性だけど、私を理解して意向に沿おうと努力する気持ちは性格や性癖以前の問題よ。
この彼は努力の方向を間違っちゃったのかも(苦笑)
[2010/02/01 20:53] URL | KYOKO #pYLV/Rxk [ 編集 ]

ポニーちゃん
予想通りの展開…きっと彼は予想外にひどい目に遭ってしまったと思っただろうなぁ。
でも、そんな目に遭っても逃げないのが見たくてつい酷くしたくなるんだよねー。

って…私はこの頃からあまり成長していないかもしれん(; ̄Д ̄)
[2010/02/01 21:10] URL | KYOKO #pYLV/Rxk [ 編集 ]

前山さん
懲りずに書き込みしてくれたのね(笑)
私のレスから自分の行動を振り返り、こちらに気持ちを伝えてくれる人はほとんどいないので嬉しく思います。
革スカートでの顔面騎乗の話はそのうち出てきます。
また遊びにきてね。
[2010/02/01 23:38] URL | KYOKO #pYLV/Rxk [ 編集 ]

ヒロユキさん
所属男子が私の機嫌を伺ったりビクついたりオロオロする様子が好きです。大好きです(笑)
でもいつもビクビクされるとイラッとします。私が打った時だけ響けばいいんです。
そんな女子に惹かれるとは…難儀な生き物ですよねぇ(笑)
最近やっと極一部のM男の性質がわかってきたところです。
[2010/02/02 01:31] URL | KYOKO #pYLV/Rxk [ 編集 ]

‟彼は抵抗はしなかったが、興奮もしておらず、本気でビビッていた。”
“鞭が止むと彼はこれまで見せたことのなかった真剣さで土下座をしながら詫びた。”
この部分を読んですっきりしたと同時に、安心しました。よかった、よかった。
[2010/02/13 11:39] URL | cecilie #- [ 編集 ]


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。