FC2ブログ





基本ノンフィクション、時々妄想。KYOKOの偏愛S傾向な気まぐれてきとーブログ。性的表現、SM、主従、女性上位を不快に思う方はご遠慮ください★



プロフィール

Author:KYOKO
種別:男女関係=主従関係のS痴女
嗜好:乗る、締める、踏む、打つ、蹴る、塞ぐ、潰す、 噛む、刺す、剥す、刻む、壊す、 舐めさせる、嗅がせる、 飲ませるetc
好物:男の困り顔、涙目、土下座、悲鳴、傷跡、彼氏や奴隷の腕枕と膝枕
得意技:うっかり、方向音痴、遅刻
必殺技:意地悪、八当り、逆ギレ、処刑



最新記事



最新コメント



カテゴリ



FC2カウンター



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


遅ればせながら今年もよろしくデス
皆様お久しぶりデス。
気がつけば年が明け、最後のエントリーから4ヶ月余り。
仕事のし過ぎで体調を崩したこともあり、退院してから3ヶ月ほどは
療養を兼ねて週休5日な毎日を過ごしておりましたよ。


いやー、でも暇って飽きるんだねぇ。
暇すぎてストレス溜まるなんて、考えても見なかったけど、
私には精神衛生上どうもよろしくないらしく、そのしわ寄せは形を変えて青犬に…。


んで、その反動なのか、今は食事や睡眠のための時間が惜しいと感じるような日々を送っている。
流石に20代のような無理が利かないお年頃なのは昨夏の入院がいい薬になっていて
重々承知だし気をつけてはいるんだけど、ちょっと勢い余って
なぜ1日が24時間で一週間が7日しかないのかしらん(´Д`)…と思う程度には働いちゃってる。
そしてそのしわ寄せはやはり青犬に…(笑)


私は昔から仕事に限らず、何かに夢中になると周りが見えなくなり、
寝食はおろか、ほとんどの感覚を忘れて目の前のことに没頭してしまう癖がある。

いざ、仕事から解放されて彼氏や青犬の顔を見た途端に
「喉乾いた!トイレ行きたい!お腹空いた!肩凝った!イライラする!エロい!眠い!」
と全ての生理欲求がほぼ同時に沸き上がる。

そう、私の所属男子達の一番の苦労は自分のことはさておき
まずは私の欲求を全力で満たさなければならないことなのだ。
して欲しがりな男(←多くのM男がコレな気がする)が私に合わないのは、
私のこういう性質も原因の一つだと思う。


で、今一番欲しいのはマッサージ奴隷。
自宅では自発的にマッサージ学校に通いスキルを身につけた彼氏のマッサージが待っているけれど、
出来れば打ち合わせの合間や出先でも時間があればピンポイントで出動させて使いたい~。

そうなるとここは青犬の出番だな。
自制心と理性がド強いので全裸でマッサージさせても内心は別として
ウザくハァハァしないし(ハァハァさせるのも超簡単だけどw)、
例え片道二時間の所に呼び出して5分で帰しても文句一つ言わないから、
出先に呼び出すには最適なのだ。

ただ、青犬は自主性にとことん欠けた指示待ち奴隷な上に基本が怠け者なので
「命令」しなければ動かないし学ばない。
疲れてると指示すら面倒なので、ここは「学べ」と命令しなければならん。

そんなわけで、早速青犬にはお年玉代わりにマッサージバイブルとかいう
世界中のマッサージからアロマテラピーまで網羅した大層な厚い本と
症状ごとにリファレンスできるツボ百科事典的な本を早速買い与えてみた。
今年のお前の目標は“マッサージスキルのアップ”じゃ♪


青犬は分厚い難解そうな本を渡されて多少面食らっていたものの

「KYOKO様のために頑張らせて頂きます。それに僕がコレをマスターしたら、解雇されても他所でお仕えできちゃうかもしれませんね~♪あはっ♪」

今のところ全くもって能天気でポジティブ。

えぇ、直接会ったことのある方はご存知でしょうが、普段の青犬は
ブログで醸し出しておった悲壮感や陰鬱としたイメージとは無縁な奴なのよ(笑)

おバカで老奴の青犬がコレを全部マスターする頃には、
多分青犬の寿命が尽きかけてると思うケド、ここは気分良く取り組ませてやるか。

ヨボヨボしてる老奴に鞭打って肩揉ませるのもまた一興、
私の貴重な体力を使わんでもヒーコラ言わしちゃる~(´∀`)


そんなわけで、今年も私の抱負は


去年より青犬をこき使う(爆)



最後に、ブログ更新は滞りがちではありますが、
今年もよろしくお願いいたします☆

それでも私は悪くない(2)
わかってる、こいつは私の為を想って言っている。
私が本調子じゃないどころか体調が優れないことも、彼氏が心配しながら私を青犬の元に送り出したことも青犬には想像がついているはずだ。
もしものことがあれば、コイツは私だけではなく彼にも申し訳なく思うだろう。


私もそれは頭じゃわかってるんだ。
理屈じゃわかってるんだけど、困ったことに今日はその理屈が私の感情とは無関係なのだ。
こうなると青犬が私に逆らったことに怒りの矛先が向く。


だって、青犬からダメとかイケマセンなんて単語は聞いただけで腹がたつんだもん。
青犬の分際で私に逆らうなんて、その上意見するなんて生意気なんだよっ。
ムキーーッ(怒)



腸をグツグツ煮ながらシャワーを浴びてバスルームを出ると、青犬が私の身体を拭く準備をしていたが、私は無視して珍しく自分で身体を拭いて部屋に戻った。


青犬がこちらを伺うように足元に近づく。

「KYOKO様、ごめんなさい…お怒りになりましたか?」

「ふん…すごく機嫌悪い…」

「申し訳ありません。今日のところはここを出て、ひとまず食事をしましょう」

「嫌!何も食べたくないっ!」

「でも…何か食べないとお体に触りますから…」

「うるさい!食べたくないのに食べ物の話しないで!ほら、シャワー浴びてきな。」


青犬は命じられてとぼとぼバスルームに向かう。

うん、これで主だってんだから我ながら酷い話だと思う。
きっと主と慕われる人ってもっと理性的で大人だろう。
その点、私はまるで子供だ。無茶苦茶だ。

でもこのままじゃ気がすまないんだよ。
お前はそういう主様に仕えてるんだ、覚えとけ!(←着地点も無茶苦茶)


バスルームのドアに手をかけた青犬を捕まえる。
「歯を食いしばれ、気が済まん」


バッシーーン


私のビンタで青犬の身体が頭からグンッとふっ飛ぶように揺れた。
私のビンタはパンチと称されるほどには威力がある。
いくら退院して間もなくても、一発で無抵抗な男の脳にダメージを与えるくらいの力はあるんだな。


「ありがとうございました!」


かなりヒット感があるビンタをくれてやったのに、青犬はぐらつきながらも間も置かずに躊躇いなく私の目を見て、多分心から礼を言いやがった。


はぁ…コレじゃ仕方ない、今日は帰るか…(苦笑)


支度を終える頃には機嫌も直り、お腹も減ってきた。
私は単細胞なので怒りが持続しないのだ。


「久しぶりだったからさ、泊まりたかったのっ。でもお前が逆らうからすっごくムカついたー」

と言うと、青犬は泣きそうな顔をして近づいてきて、私に抱きついたのか抱き締めたのかよくわからん格好で

「わかってますよぅ…全部わかってますよぅ…それがKYOKO様なんですから…」

とか言いやがる。


私の為を思って自分の欲を捨て勇気を出してNoを言ったら、怒られて殴られて…まぁ、私の体調が悪くならないってこと以外にコイツにはいいことなんて全くないんだよなー。


「僕は何時でもお呼び出しをお待ちしてますから…早く元気になってくださいね…」


うーん、参った。
これじゃあますます怒る気も失せるじゃないか。

「お前も大変だね(笑)」

「いえ、そういうKYOKO様が好きなんですから。それに今はこれも僕の仕事だと思っています。」


あー、そりゃかなりのハードワークだな、オイ。
私が男だったらこんな女は絶対勘弁だし、例えいくらつまれてもこんな仕事は嫌じゃ(´Д`)




という訳でこの日は無事(?)チェックアウトした。
そして、帰りに寄ったファミレスで、私はあんなに食べたくないって言ったくせに、いつもより沢山食べた。


「殴ってスッキリしたら食欲でた~♪」


と伝えたら


「良かったですぅ。本当に良かったですぅ。」


と目をうるうるさせながら、私を見つめる青犬をみて改めて思った。

多分コレを読んでくれた人達も思ってることだろう。



私って面倒くさっ( ̄▽ ̄;)

それでも私は悪くない(1)
退院して一週間後、久しぶりに青犬と会った。
入院中何度か見舞いに来させたけれど、二人でゆっくり会うのは久しぶり。
普段から私が機嫌悪くして放置しても大抵2週間が限度なので、こんなに期間が空いたのは初めてかも。
私は暑さのせいかまだ身体が本調子じゃなかったけど、この日はランチを済ませてからラブホでマッタリ過ごすことにした。

ドライブがてら山に向かって車を走らせ、友人おすすめの湖畔にあるホテルに行ってみる。
ホテルは山間に湖を望む開放的な広めのバルコニーに露天風呂とデッキチェアーが設置され、その辺の本気出してるリゾートホテルよりよっぽどリゾート気分が味わえる造りで、妙齢の女子といい歳したオジサンのテンションは一気に小学生並のテンションに(笑)

昼間から日が落ちるまで水風呂で遊んだりバルコニーのデッキチェアで乗ったり踏んだり痛いことしたり痕つけたり気持ちいいことさせたり口の中になんかしたり(ざっくりだが想像にお任せw)して、1ヶ月ぶりに楽しい時間を過ごした。


で、ホテルに入る前は、まだ本調子じゃないから今日は帰るって言ってたんだが、久しぶりに盛り上がっちゃってね…帰りたくなくなった。


「今日はやっぱり泊まりる。帰らない。」


こういうことはしょっちゅうだ。
その時の気分で彼氏と過ごすか青犬と過ごすかを決める。
そしてこの場合青犬は、よほど重要な用事でない限り例え約束があってもキャンセルして、私の“意志”という命令に従う。

でも、この日の青犬は私の命令に従わなかった。

「今日は…お帰りになったほうがいいと思います…」


確かに私は昨日まで微熱があったさ。
このままここにいて私が大人しく朝まで寝るわけがないことも簡単に想像がつくさ。
でもこれは私の気分だ。気紛れだけど意志だ、命令だ。


「がるるー、帰らないっ!泊まるっ!」

「ダメですよぅ。今体調を崩されたら大変です。KYOKOさま、どうか今日は帰ってお休みください。」



ぶすーーっ、むっっっかーーー(怒)




「KYOKO様…ごめんなさい…でも…今日はいけません」


私は無言でベッドから降り、帰り支度のためバスルームに向かった。


続く

多謝
先週、このブログを読んでるM男の中にはファンも多いであろう、顔面騎乗Cafeの雪ちゃんが病室にお見舞いに来てくれました♪

実は2ヶ月ほど前に某SNSのオフ会で偶然一緒になり、目の前を通りすがった雪ちゃんに私からご挨拶したのがきっかけ。
といっても、実際は突然「雪ちゃん!!」と馴れ馴れしく声をかけたそうで(←いきなり雪ちゃん呼ばわりは無自覚)、今思えばよく嫌な顔せず友達になってくれたなぁと冷や汗が出るわ( ̄▽ ̄;)


話してみれば、普段使う駅が一緒で日常の行動範囲に加えて、顔面騎乗&圧迫好きという嗜好も被ってるから、仲良くなるのに時間はかからず…
こうして初のご近所変態友達が誕生したのでした。


お見舞い当日は暑い中手作りのプリンを持参で病室に来てくれた雪ちゃん。

私の病室は相部屋だったので、最初は慎重に地元話やペットの話で盛り上がる。

でも、S女が二人揃えばやっぱりそれだけじゃ話は終わらないわけヨ。
言葉を選びつつも、M男が~、ラブホは~、SMの~、圧迫して~、などと、怪しいキーワード満載(笑)

途中で心拍数が上がりそうな話もして、楽しいひとときを過ごし、次回、近所でのランチトークを約束して、雪ちゃんを見送ったのでした。

雪ちゃん、どうもありがと♪


そして、今回心配してメールを下さった方、お見舞いに行くと申し出て下さった方、ブログにコメントを下さった方、改めてありがとうございました。

病院が都心から離れた場所で申し訳なかったこともあり、ご近所さん以外の方からはお気持ちだけ頂くことにしました。
また、励ましのメールやコメントを頂いてとても元気が出ました。

私って人に凄く恵まれてるんだなー、ってなことを再認識出来たのは、入院して良かったなぁと思えることの一つです。



でもって、本日めでたく退院しましたー♪
ってことは青犬の不自由な日々が始まるわけですが(笑)

まずは劇的に落ちた体力と筋力を取り戻し、仕事に復帰しSM外遊びを復活させるべくリハビリ生活に専念します。

因みにリハビリは適度な運動を兼ねて青犬に手伝わせることに。
青犬に無茶はしても、私は無理をしないようにしようっと( ̄∀ ̄;)


更新は相変わらずのまったりペースですが、今後ともどうぞよろしくお付き合いくださいまし☆

近況報告
お久しぶりです。

実はブログ放置の裏で、仕事の合間を縫って遊び呆けておりました。

SMサロンやオフ会に出向いて同好の志と語らい、主従カップルとのWデートを楽しみ、S&M女さんと密会し、青犬を呼びつける日々でして。
後半は仕事がたて込み過ぎてグッタリだったけど、黙って傍に控える青犬に癒されたり、ストレスをぶつけて発散したりで、結局SMに関しては今までになく充実した1ヶ月だったと思う。

今週末にはエスエマーな方々との大人の遠足ツアー、来週末には某SNSの記念オフとまだまだイベント週間が続く予定。

いやぁ、ネタは山程あるんだけど、書いてる暇がないというか、反芻したり思いだして浸ったりする時間がないというか、ぶっちゃけ書く暇があったらシタかったんだね。

恥ずかしながらワタクシ発情期だったみたい(汗)
疲れてると性欲って倍増するんだろうか?


先日も休憩でホテルに入ったのに、ホテル出たのは28時間後。
24時間も延長する客にフロント係も内心呆れてただろうなぁ。

まぁ以前からたまにこういうことはあるんだけども、まともに寝ず食べずに、まるで愛の嵐みたいな2日間を過ごし、私は倦怠感と筋肉痛で、青犬は満身創痍の傷だらけで、お互いにふらふらしながら帰宅したのでした。
睡眠欲や食欲を凌駕する性欲…我ながら恐ろしいわ(笑)


さてー、憑き物がとれたようなので、またぼちぼち更新するとします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。